悩み多きアラフィフ・ログ

日本語教師資格の日本語教育能力検定の合格を目指す人のブログのはずが最近はダラダラと違うことを書いています。温かい目で見守ってください。

試験結果出たよ

単位試験の結果が出ました。

いえーい。

 

自宅受験だったので、成績の結果は良くなければいけないはずなので、正直言ってタイン位は取れていて当たり前という状況なので=しかも試験はマーク氏とばかりだったわけです。それゆえに心境複雑ですが単位が取れたという結果を見れば少し安心したところです。一つだけ、成績が低くて・・・orz(心の叫びとしては「なぜ?」)ですが、合格は合格なので気にせず前に進みたいと思います。

オンライン授業はオンデマンド式のものとライブ面接授業ですが、そこそこ取れています。単位試験式よりも、オンライン授業形式の方がコロナで学校へ行けない場合は有効な学習方法とかって思いました。ビデオごとに小テスト。一定のテストごとにレポートを書かせる。まぁ採点が大変だとは思いますけど。

リアル講習とは違うので、年齢を重ねた私はこっちの方が好きかも。わからないことは何度も見ることができる。あとはメールとかでは、少し聞きにくい(言葉での説明が難しいような)内容を解決すれば気持ちよく学習できるんだけどねなどど思っています。

 

やはりさ、一人で勉強しているということは大変だと思う。

 

若い人なんて特にねぇと考えてみて、大阪にいる次男が、一人大阪でちょっとだけ学校位に行きあとは家にいるだけなんで・・・ちょっと切ないよね。若いんだから割り切ってバイトすればいいのにと思うんだけど彼は臆病なのできっと部屋にひっそりと住まい続けているんだと理解している。うーん、切ないね。このままずーっとオンライン授業ばっかりなら戻ってくるって選択肢もあるんだか、先が不透明ゆえに・・・どうしたらいんだろう。引っ越すも大変なので今は何も出来ないということかな。

話は戻って放送大学の話へ。

放送大学は2期も単位試験は自宅受験だし、無理して科目とっても良いのかもしれない。目標はあくまでも大卒資格だし。最低限の目標を叶えたら本来の目標に向かいたいしね。私は割り切って頑張ることにする。なんとかレポートが書ける人になりたいし!日本語をもう少しだけ勉強したいしね。外来語を学ぶにはやはり私の場合は、母国語がしっかりしていないと理解できないようなので(笑)

勉強中の通信教育はこちら。→ <検定合格率50%>「NAFL日本語教師養成プログラム」