悩み多きアラフィフ・ログ

日本語教師資格の日本語教育能力検定の合格を目指す人のブログ

今日から仕事再開

風邪ひきました。長い休みの間は何もなかったのに間も無く仕事だと気合いが少し入るタイミングで風邪をひくなんて。

でも、一番MAX調子悪くなったのが一昨日でよかったわけですが、いまだに鼻がズルズルっぽくって嫌です。

長い休みと気合い入れたけれども結局自分の中で目標とした内容では得たものがなかったことが残念ですが心機一転今日から頑張ります。

担当する仕事の状況がどんな感じに仕上がっているのか楽しみです。

ランゲージパートナーさんとtalk2

3回目のskype!トーク。italkiでランゲージパートナーになったインドの彼女とまた話すことができました。しかも、インドは前日の台風の影響でお子さんの学校が休みということで、後ろを通った次男さん+ご主人の兄弟の奥様にもご挨拶しました。

お母さん同士の会話は、10代の息子は難しいというとこで話が合いました(爆笑)

何を話しかたっていうと本当にとりとめもなくお話ししました。

伝統的な医療方法があるとか、ターメリックを少しホットミルクに入れて飲むといいおはなしとかしました。今日はできるだけ日本語をタイプして口で言ったことを入力してあっているかどうか確認をしたり、彼女も英語をタイプしてくれたりして、とてもうまく会話が成り立ったという気がしました。

あっというまの1時間。

インドは大家族なんだって彼女は十人家族だとか。すげーーー

といって驚いてしまいました。

慣れてくると楽しい。

連休疲れって贅沢!!だと思うけど

連休につかれた。休みに疲れるってきっといいことなんだと思うようにしています。やることがあるって幸せなことだと信じている人なので。

 

振り返ると週の前半はいい、よかった!すっごくよかった。自己満足だけど。でも、週末にドッとつかれまくった。次男の高校最後の地区大会の応援に丸2日間、体育館にずーーといて応援(?)とか、よそのお母さんと話したりしてすごしました。無事に県大会へと駒を進めたので高校最後の部活が今月末まで伸びそこが最後の大会になることとなりました。

小学校の4年生くらいから初めてだらだらと続けてきたけど、高校に入ったら練習量がへるからどんどん下手くそになると覚悟を決めていたけどまじ下手だった。うまくならなかったなぁ高校部活。

まぁそういう学校なので仕方がないけどと思いつつも、7〜8年近く練習やらなんやらで一緒に活動せねばならないことについに終止符がつくと思うと感慨深いです。

あと数週間の部活=といっても途中にテスト期間もあるので本当にわずかです。本人にはできるところまでがんばって欲しいけどねw

私も残りの時間を有意義に過ごして来週からの仕事に備えたい。

旦那も誰もいない平日休みは本当に嬉しいものだと実感中。

ランゲージパートナーさんとtalk

2回目のskypeでお話しになりました。インドのことや、彼女のことなどお話しできました。英語は問題なく話せるらしいです。でも・・・私がいまいち話せない(汗)

 

今日は1時間があっという間に過ぎました。やはり前回は緊張していたんだよね。

この関係をうまく学習につなげたいと思っているんだけどイマイチどうしたらいいかわからない。でも楽しかったよ。

ふと、自分に置き換えてみる。

パートナーさんと話すことはいいんだけど、言い回しがおかしくても、間違っていても意味が通じればなんとかなるわけだということがわかります。共通言語だけで理解し合おうという意識があるから。でも、うまく話せるようになりたい!という希望にこのトークがつながっていくんだろうかどうかという意味ではどうなんだろう。話すことに慣れるはいいことだと思いつつも、話すことがうまくなっていっているという意味ではちがうんだろうなと思った。

 

今後につながる何かがなければせっかくの機会も生きていかない気がしてきた。どうすべきかどうしたいのか。ちょっとよく考えたいと思いました。何かが足りない感じがするんだ・・・それがなんだろう。

知ってる?ヒンディー語は日本語の語順とsimilarだって

インドの女性とお話ししました。italki サイトでランゲージパートナーになった人と初めて話しました。日本語を教えている先生だそうです。でも話ができないということでSkypeを使って初・会話です。で、どうだったかと言うと中身があまりなくただ話しただけ。日本語と英語とヒンディー語の入れ混じったすごい貴重な体験になりました。インドの外国語の学習者について聞きたくて「インドの人はどこの外国語を勉強している人が多いですか?」ときいたら、日本語を学習する人は少ないらしいですが、これから増えていくだろうと思うと言う話でした。インドは英語とフランス語にドイツ語だって・・・遅れているな日本。

 

オンラインで教えるってどういうことなのかもちょっと体感できてよかったかも。今回は教えてもらうとかではなくてただの会話。日本語をわかりやすい文章に直すって・・・思った以上に大変だと実感しました。いつも使っている言い方ではなく相手に理解されやすい要素も入れて文章化しないといけないこともわかりました。

 

お互いによくわからない状況だと大変だということもよく理解できました。テキストレッスンは講師の能力はあまり関係なくできるんじゃないか?ということも感じました。フリートークでさらっと正しいセンテンスに直せるってすごいことだったんだ!と今日やっとわかりました・・・やはり英語で話せるようになる方が先決かも・・・そうすることで言い回しの整理が自分でもできるし。

次回もお話ししすることを決めました。

流れついでになぜかヒンディー語を習っちゃうよ(大爆笑)今日は自分の名前を言う文を習いました。youtubeで復習しておきますw 英語よりもヒンディー語は日本語の語順に近いらしいです。


本気!超初心者ヒンディー語教室はじめました!

ほんとに話ができないと、こまるよね(半泣き)!!と実感中。とりあえず

は彼女と話せるようになりたいと思います。

 

っていうか、自分の日本語の方が問題だ!!実感><。。

黄金週間ですが

黄金週間よりももっと前に仕事がなくってバカンス中です。黄金週間になって家族が家にいるので少し身の回りがうるさいので少し面倒な感じです。申し訳ないけど旦那がいるのが面倒です(爆)手のかからないいい人ですが、スピーカーからズーーっと音楽を流し続けるのでうるさいことが玉にきずです。次男も5/5−6と高校最後の地区大会なので家にいないが毎日弁当作ります。黄金週間といっても、結局いつも通りの生活に旦那が家にいることぐらいですね。

で、

今日はitalki で知り合った人と初めてのオンラインで直接話すことになりました。このサイトは言語学習者と教師のマッチングサイトなんですが学習者同士の交流ができるランゲージパートナーっていうのがあるので登録しています。ただ、申し込みはほぼ男性。すぐSNSで話そうとする人ばかりです。つかれます私主婦なんでそうそうおしゃべりばかりもできませんし、大抵の男性は主人がいるとか子供がいるというと大体そこで終わりますが、なかにはちゃんと英語学習を助けてくれるランゲージパートナーを目指す人もいるのでなんとか続けています。

私の考えるベストなパートナーは日本語を学習したい英語がわかるランゲージパートナーだと感じています。ネイティブスピーカーの人からもらうメッセージの理解だけでも随分時間がかかるし、返事も気を使うのでちょうどいい英作文の練習にはなっているので、無下にお断りすることはありませんが・・・疲れる。

italkiについてはこのサイトで紹介しました。

italki 紹介ページへ

about-english.hatenadiary.jp

継続していきたいと思っているパートナーさんは

  • 日本人で海外在住の人=メッセージのみ
  • 奥さんが日本人で本人はネイティブ=メッセージのみ。この人は英文のポイント解説をしてくれる(いつも勉強になります)
  • 日本語を学習している英語がわかるインドの女性=今日これからSkypeデビューw

タイミングと気持ちさえ合えば、お話ができるのでいい制度と思う。他にもこういうサービスはありますよね。出会い系になってしまいそうな部分がちょっと考えてしまいますが・・・。ちょうどいい相手が見つかれば無料で外国語に慣れる練習ができるっていいよねと思ってはいます。

とりあえず今日初めてのランゲージパートナとの会話はどうなることやら不安と楽しみが混じり合っています。日本語の練習したいという話だったし・・・外国語を話す人が日本語を勉強するってどんな感じなのか模擬体験ができるといいなぁと企み中。