悩み多きアラフィフ・ログ

日本語教師資格の日本語教育能力検定の合格を目指す人のブログのはずが最近はダラダラと違うことを書いています。温かい目で見守ってください。

文化の違いを感じる時

英語学習の記録ブログで「大坂なおみ」さんにまつわることを記事にしました。彼女がさらに来日していることもあり連日ニュースに名前が出ない日がない状態。なんというフィーバーっぷり(笑)少しでも明るいニュースは今の日本には必要なんだと思っています。

で。

ここで「文化の違い」というか「受け取り方」。「ニュアンス」の違いに関するブログに出会ったので覚書程度に記事にいようかと。

気になっていたのが全米OPの優勝の時に「謝まった」といことについてずっと気になっていたこともあり、だれが彼女のスピーチを英文にして解説してくれているところがないかググって見ました。もちろん見つかりました。

まずはこちら。

ameblo.jp

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

彼女のスピーで「こんな終わり方になって」という部分が謝罪っぽいんですが。そのスピーチの「I'm sorry」の解説をしてくれた記事はこちら。文化の違いを解説してれています。

あまり謝らない私は「日本人っぽくない」ということになる? 「あやまる」よりも「ありがとう」の方が印象的にも前向きと感じる行動の方がポジティブと感じるからかも。どちらにしても考えさせられる記事でした。

www.excite.co.jp

 

ちなみに自分が最初に記事にしたブログはこちらから。

about-english.hatenadiary.jp

勉強中の通信教育はこちら。→ <検定合格率50%>「NAFL日本語教師養成プログラム」