悩み多きアラフィフ・ログ

日本語教師資格の日本語教育能力検定の合格を目指す人のブログのはずが最近はダラダラと違うことを書いています。温かい目で見守ってください。

黄金週間ですが

黄金週間よりももっと前に仕事がなくってバカンス中です。黄金週間になって家族が家にいるので少し身の回りがうるさいので少し面倒な感じです。申し訳ないけど旦那がいるのが面倒です(爆)手のかからないいい人ですが、スピーカーからズーーっと音楽を流し続けるのでうるさいことが玉にきずです。次男も5/5−6と高校最後の地区大会なので家にいないが毎日弁当作ります。黄金週間といっても、結局いつも通りの生活に旦那が家にいることぐらいですね。

で、

今日はitalki で知り合った人と初めてのオンラインで直接話すことになりました。このサイトは言語学習者と教師のマッチングサイトなんですが学習者同士の交流ができるランゲージパートナーっていうのがあるので登録しています。ただ、申し込みはほぼ男性。すぐSNSで話そうとする人ばかりです。つかれます私主婦なんでそうそうおしゃべりばかりもできませんし、大抵の男性は主人がいるとか子供がいるというと大体そこで終わりますが、なかにはちゃんと英語学習を助けてくれるランゲージパートナーを目指す人もいるのでなんとか続けています。

私の考えるベストなパートナーは日本語を学習したい英語がわかるランゲージパートナーだと感じています。ネイティブスピーカーの人からもらうメッセージの理解だけでも随分時間がかかるし、返事も気を使うのでちょうどいい英作文の練習にはなっているので、無下にお断りすることはありませんが・・・疲れる。

italkiについてはこのサイトで紹介しました。

italki 紹介ページへ

about-english.hatenadiary.jp

継続していきたいと思っているパートナーさんは

  • 日本人で海外在住の人=メッセージのみ
  • 奥さんが日本人で本人はネイティブ=メッセージのみ。この人は英文のポイント解説をしてくれる(いつも勉強になります)
  • 日本語を学習している英語がわかるインドの女性=今日これからSkypeデビューw

タイミングと気持ちさえ合えば、お話ができるのでいい制度と思う。他にもこういうサービスはありますよね。出会い系になってしまいそうな部分がちょっと考えてしまいますが・・・。ちょうどいい相手が見つかれば無料で外国語に慣れる練習ができるっていいよねと思ってはいます。

とりあえず今日初めてのランゲージパートナとの会話はどうなることやら不安と楽しみが混じり合っています。日本語の練習したいという話だったし・・・外国語を話す人が日本語を勉強するってどんな感じなのか模擬体験ができるといいなぁと企み中。

 

勉強中の通信教育はこちら。→ <検定合格率50%>「NAFL日本語教師養成プログラム」