悩み多きアラフィフ・ログ

日本語教師資格の日本語教育能力検定の合格を目指す人のブログのはずが最近はダラダラと違うことを書いています。温かい目で見守ってください。

モーニングで野菜の物価を感じた

野菜の物価を感じたというたわいもない話です。

私ごとですが(笑)季節も変わり暖かくなってきたので車通勤から、電車通勤に変更しました。といっても明日で仕事が終わり次のコース担当となるまで約1月半の長期の休みです。

この長い休みを利用して「日本語教師」の勉強と「日本語教育能力認定試験」通信教育を進めたいと考えていたわけです。

 

話が逸れました。

電車通勤で田舎ゆえに仕事開始までの時間がそこそこあるので駅ナカにある喫茶店でモーニングを食べようと久しぶりに入ったわけです。
こんな感じの素敵な(笑)セットです。

f:id:memum:20180328090146j:image

美味しそうです。・・・そう、実は何回もこちらべモーニングを食べているんですが今日の写真のモーニングついている「サラダ」普通に葉っぱがあって美味しそうですが今日年までは確かにこんなサラダでした。

が!

あの真冬の大雪の時に入ったり、つい先週もこちらのモーニングを食べたんですがほぼほの「大根」のサラダ。っていうか大根とコーンしかないサラダでした。

たまにならいいんですが毎回毎回ほぼほぼ「大根」しかないサラダ・・・飽きてしまいました。おかげでモスバーガーのモーニングもチャレンジすることができたのはこちらのほぼほぼ「大根」サラダのおかげです。

 

また話が逸れました。

で、何が言いたいかというと気候も良くなってやっと葉物の値段も落ち着いたのかということをモーニングの「サラダ」を見て実感したという話です。キャベツも大根もスーパーでは高嶺の花でしたが今は落ち着いてきて本当に良かったことを再確認したモーニングでした。

 

今日も頑張って「日本語教育能力認定試験」通信教育のテキストを読み進めています。諦めずに頑張るよ!

勉強中の通信教育はこちら。→ <検定合格率50%>「NAFL日本語教師養成プログラム」